食品添加物サイト集 グループ2

このページは、ページランク順掲載サイト集-食品添加物サイト集 グループ2 です。
当サイトでは、現在相互リンクしていただけるサイト様を募集中です。
相互リンクをご希望のサイト様は、「新規登録フォーム」より、相互リンクについての説明をお読みになったうえでご登録下さい。

サ イ ト 名P Rリンク

【食にまつわる豆知識】
七味唐辛子(しちみとうがらし)※は、何故ひょうたん型の容器に入っているのかご存知ですか?
七味唐辛子は、現在は瓶に入った物がスーパーなどで売られていますが、昔は、主に専門店で売られていました。最近でも、縁日でおみやげ用に売られているのを見かけることがあります。
さて、日本で唐辛子が広まったのは江戸時代の中頃。当時は、あちこちの神社やお寺の参堂に、お土産用の唐辛子専門店が出ていました。そこで、道を行き交う人たちの目に留まるよう、ひょうたん型の容器にしたのではないかといわれています。つまり、人目を引くために、見栄えのよい容器に入れたというわけです。
また、ひょうたんは、中の物を乾燥させて保存するのに最適な性質をもっていたため、という説もあります。が、この点については、今日使われている瓶の容器で解決されており、ひょうたん型の容器は、逆に製造の手間とコストがかかるという理由から、現在ではほとんど作られていないのが実情です。
七味唐辛子(しちみとうがらし)は、唐辛子を主とした香辛料を調合した日本の調味料(ミックススパイス)。しばしば「七味(しちみ)」と略される。
七味唐辛子というのは上方風の名前であり、江戸・東京では七色唐辛子、七種唐辛子(なないろとうがらし)である。しばしば略して「なないろ」と言う。唐辛子は「とんがらし」とも発音される。

※唐辛子を主原料とし、七種類の香辛料を混ぜて作られることからその名がある。必ずしも同じ原料・また七種類の原料で作られるとは限らず、生産者によっては原料や種類数が違う。 うどん・そばなどの麺類や、牛丼などの薬味として使われることが多い。(ウィキペディア「七味唐辛子」より抜粋)

ページランク順掲載サイト集-食品添加物

Copyright (C) ページランク順掲載サイト集-食品添加物 All Rights Reserved. PR-Link-ver2.5